「しんせかい」で芥川賞を受賞した山下澄人さん(右)。左隣は直木賞の恩田陸さん=東京都千代田区で2017年1月19日、西本勝撮影
「しんせかい」で芥川賞を受賞した山下澄人さん(右)。左隣は直木賞の恩田陸さん=東京都千代田区で2017年1月19日、西本勝撮影

社会・カルチャー青春小説の系譜

浮遊する「ぼく」の静かな青春 芥川賞「しんせかい」

鶴谷真 / 毎日新聞学芸部記者

 先日選考会があった第156回芥川賞に輝いたのが、「王道の青春小説として面白い」とたたえられた、山下澄人さんの「しんせかい」だ。

 若い男が故郷の町を離れ、北国の山中で集団生活による苦難を味わい、女性との淡い交流もあり、2年後にそこを去るまでが描かれる。こう書けば、確かに青春小説の構えである。が、その味わいはこれまで本欄で紹介してきた作品と大きく違う。主人公の「内面の葛藤」と、その結果の「成長」がほとんど感じられないのだ。

 主人公は19歳のスミト。高校を卒業し、アルバイト生活の後、俳優と脚本家を育てる演劇塾に2期生として…

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文1914文字)

鶴谷真

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…

知ってトクするモバイルライフ
第2弾の100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長=東京都千代田区で、今村茜撮影

ペイペイ再び「100億円キャンペーン」は小粒に還元

 ソフトバンクとヤフーが合弁で設立したQRコード決済事業者のペイペイが、総額100億円キャンペーンの第2弾を2月12日から始める。…

ニッポン金融ウラの裏
 

変革の時代に「動かない」言い訳を探す銀行の勘違い

 銀行が変革の時代を迎えていることはいまさら言うまでもない。しかし、そのような言葉がマスコミをにぎわしている割には、銀行業界で実際…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
荒野の中の一軒宿でもてなしてくれた夫婦。彼らはアフリカーナー(オランダ系白人)だった(写真は筆者撮影)

南アに囲まれた「レソト王国」入国直前まさかの撤退

 ◇南アフリカ編(6) 南アフリカに囲まれた小さな王国レソトに最も近い田舎町レディブランドまで、700キロ近くを1日で走ってきた筆…