スキル・キャリア江上剛の「働き方は孔子に聞こう!」

上司にも同僚にも後輩にも好かれる会社人生は可能か

江上剛 / 作家

Q 上司と部下の板挟みでつらいです。どうすれば?

A 部下を敬い、謙虚な姿勢で接することです

 上司と部下の板挟みになるのは、中間管理職にとってとてもつらいことだ。例えばあなたが課長だとすると、部下が上げてきた案件を、「これはいい。絶対に実行しよう」と部下を励まし、その気にさせる。ところがあなたは部長から「これはダメだ」「時期尚早だ」などと言われ、差し戻される。

 あなたは部下に「ダメだったよ。部長は頭が固いね」と軽く言う。軽く言うのには理由がある。あなたは案件…

この記事は有料記事です。

残り1792文字(全文2022文字)

江上剛

江上剛

作家

1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。77年旧第一勧銀(現みずほ銀行)に入行。97年、総会屋利益供与事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。在職中の2002年「非情銀行」で作家デビュー。03年にみずほ銀行を退行。近著に「働き方という病」など。テレビコメンテーターとしても活躍している。