天皇誕生日の一般参賀であいさつをされる天皇陛下と皇后さま=2016年12月23日、丸山博撮影
天皇誕生日の一般参賀であいさつをされる天皇陛下と皇后さま=2016年12月23日、丸山博撮影

社会・カルチャーメディア万華鏡

天皇陛下退位めぐる世論は「恒久」か「一代限り」か

山田道子 / 毎日新聞紙面審査委員

 「なぜ?」という声がなぜ高まらないのか不思議に思うことがある。天皇陛下の退位をめぐる世論調査だ。政府も有識者会議も国会もメディアも、世論の動向を重視しているが、最近の世論調査結果を見ると相反する傾向が出ているのだ。

 朝日新聞が1月14、15日に実施した調査で「今の天皇陛下だけが退位できるようにする」「今後のすべての天皇も退位できるようにする」「天皇は退位すべきではない」を聞いたところ、回答はそれぞれ25%、62%、6%だった。

 ところが、「今国会で今の天皇陛下に限って退位できるようにする特別な法案を提出し、成立を目指す政府の…

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文1760文字)

山田道子

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。