iPhone専用イヤホンの「レイズ」
iPhone専用イヤホンの「レイズ」

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

アプリで操作 iPhone専用イヤホン「レイズ」の実力

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズが2月15日、iPhone専用イヤホンの「レイズ」「レイズプラス」を発表した。発売は3月下旬の予定で、価格はレイズが1万1800円(税抜き)、レイズプラスが1万5800円(同)。

 2機種の基本性能は同じだが、レイズプラスにのみ、音楽を聞きながら、iPhone本体を充電できる端子が搭載されている。レイズは、周囲の騒音を打ち消す「ノイズキャンセリング」に対応しており、電車や飛行機の中でもクリアな音楽を楽しめる。

 ただ、この製品の特徴は、どちらかと言えば、イヤホンの基本機能以上に、“アプリと連携”できるところに…

この記事は有料記事です。

残り1500文字(全文1775文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。