韓国最大の財閥サムスンはどうなるのか
韓国最大の財閥サムスンはどうなるのか

グローバル経済プレミア・トピックス

韓国サムスントップ逮捕で財閥支配は終わるのか

大澤文護 / 千葉科学大学教授

 韓国最大の財閥サムスングループの総帥・李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(48)が2月17日、贈賄や横領などの容疑で韓国特別検察チームに逮捕された。韓国の国内総生産(GDP)の約2割を占める巨大財閥の経営は、総帥の逮捕によって混迷に陥ることは避けられない。

 サムスングループの2代目総帥・李健熙(イ・ゴニ)サムスン電子会長(75)の体調悪化を契機に、2015年、健熙氏の長男である李在鎔容疑者は、安定したグループ経営権の引継ぎのため、自身が株式の23.2%を所有するサムスングループの事実上の持株会社「第一毛織」と、グループの中核企業・サムスン物産の合併を計画した。

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1678文字)

大澤文護

大澤文護

千葉科学大学教授

1957年東京生まれ。1980年毎日新聞社入社。1997~2002年ソウル特派員、04~08年マニラ支局長、09~11年ソウル支局長、11~13年毎日新聞東京本社編集編成局編集委員。2013年10月から現職。