スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

望まぬ異動で落ち込む部下を励ます上司の言葉

細川義洋 / ITコンサルタント

 3月に入ると、職場では人事異動のうわさがささやかれ合うのではないでしょうか。希望部署への異動内示を受けて喜ぶ人もいれば、逆の人もいます。IT業界では、技術者が突然営業職への異動を命じられて、やる気をなくしてしまうことも少なくありません。その結果、退職する人もいます。

 技術者はそもそも、モノづくりをしたくて会社に入り、作ったモノや成功したプロジェクトに誇りを持っています。技術部門以外への異動を命じられると、それまでの仕事を評価されなかったと感じる人が多いのです。

 実際には、会社や上司は新たな可能性を見つけてほしいと意図するケースが大半ですが、異動を命じられた側…

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1419文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。