スキル・キャリア江上剛の「働き方は孔子に聞こう!」

「2割の生意気ダメ部下」温存が組織を生き残らせる

江上剛 / 作家

Q 部下が生意気で本当に扱いづらいです

A 生意気で扱いづらい部下を持つ幸せをかみしめましょう

 私は生意気で扱いづらい部下だった。全くのKY(空気が読めない)部下だった。銀行に入行当初から、上司の指示が気にくわないと「黒い猫を白い猫と言わねばならないのが銀行というところか」と泣きながら抗議したものだ。

 私は、自分の上司に感謝している。こんな生意気で扱いづらい私を、「個性を殺すな」と育ててくれ、ポストを与えてくれたのだから。生意気で扱いづらい部下を「個性」と見るか、そうではなく単なる邪魔者として見るかで、部下の人生は大きく違ってくる。

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1507文字)

江上剛

江上剛

作家

1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。77年旧第一勧銀(現みずほ銀行)に入行。97年、総会屋利益供与事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。在職中の2002年「非情銀行」で作家デビュー。03年にみずほ銀行を退行。近著に「働き方という病」など。テレビコメンテーターとしても活躍している。