2月に第一勧業信組の本店で行われた物産展。糸魚川信組の地元の特産品を販売した(糸魚川信組提供)
2月に第一勧業信組の本店で行われた物産展。糸魚川信組の地元の特産品を販売した(糸魚川信組提供)

マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

「街なくして信組なし」を掲げる“いとしん”の生き残り策

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 人口減少などを背景にした地方経済の衰退が論じられているなかで、コミュニティー活動に傾注する地域密着型中小金融機関の存在が再評価されつつある。金融庁もこれらの取り組みに関心を高めている。

 昨年11月28日の本欄で、東京都内の信用組合、第一勧業信用組合の奮闘ぶりを紹介した。その後、メディアの関心も集まり、同信組は話題の金融機関となりつつある。同信組の活動を一言でいえば、「コミュニティーバンク」。一時は失いかけていた自らの存在意義を取り戻す活動だ。

 支店の営業エリア内の商店街、町内会との接点を復活・強化して、コミュニティーの一員として地域の事情と…

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文1625文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「自分勝手に勤務?」ママパートに困惑する歯科経営者

 A夫さん(42)は、自分のクリニックを経営する歯科医師です。パートの歯科衛生士で3児の母であるB子さん(33)の“自分勝手な勤務…

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

知ってトクするモバイルライフ
ディスプレーを折りたためる「フレックスパイ」

5Gに向け新作スマホ「二つ折り画面」は普及するか

 米ラスベガスで1月8~11日、世界最大の家電・IT見本市「CES」が開かれた。 パソコン、テレビから人工知能(AI)を採用した白…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカの服やクラフトを売る店が150店も並ぶ「ウォーターシェッド」でエスワティニ(旧スワジランド)の手作り品を売っていた黒人と白人のコンビ(写真は筆者撮影)

ケープタウンを探索 カラフルな街並み“意外に安全”

 ◇南アフリカ編(2) シンガポールとヨハネスブルクで乗り換え、羽田から24時間少々かけてたどりついた、南アフリカ共和国のケープタ…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…