政治・経済良い物をより高く売る経営

配車アプリとタクシーが「バーチャル陣取り合戦」

中村智彦 / 神戸国際大学教授

タクシー戦国時代の行方(2)

 「業界再編」「データ活用の配車やスマホアプリの新サービス」など、タクシー業界は変革期の真っただ中だ。もはや電話で予約を受けたり、駅前で客待ちしたりすればよいという時代ではない。業界再編の動きに続き、今回は、配車サービス米Uber(ウーバー)など新たな技術を駆使する参入者との勢力争いを見ていく。

この記事は有料記事です。

残り2480文字(全文2642文字)

中村智彦

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、日テレ系「世界一受けたい授業」の工場見学担当も務める。