バブルの残り香を漂わせていたディスコ・ジュリアナ東京=1993年4月
バブルの残り香を漂わせていたディスコ・ジュリアナ東京=1993年4月

くらし高齢化時代の相続税対策

地価上昇がすべてを変えたバブル時代の相続対策

広田龍介 / 税理士

 米英仏独日の先進5カ国(G5)が1985年9月、為替レート安定で合意した取り決めを通称「プラザ合意」という。5カ国の蔵相・中央銀行総裁が集合した米ニューヨーク・プラザホテルにちなんだ呼び名だ。この1カ月あまり前、日本では史上最大の航空機事故である日航ジャンボ機の御巣鷹山墜落事故が起きた。

 プラザ合意で、直前まで1ドル=240円だった為替レートは大きく変動し、翌86年中盤には1ドル=160円まで急騰、87年末には1ドル=120円の円高になった。

 当時の中曽根康弘首相は、金融緩和実施で国内景気を活性化させる政策を打ち出すが、その結果、余った大量…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1531文字)

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。