(c) Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016
(c) Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016

社会・カルチャー週末シネマ

名匠ローチ監督が贈る「わたしは、ダニエル・ブレイク」

勝田友巳 / 毎日新聞学芸部長

 この映画を見たら、誰だって「世の中間違ってる」と熱くなることだろう。映画界の至宝ケン・ローチ監督は、観客をそうやってあおるのが本当にうまい。彼の作品を見た後は、はびこる不公正に気付かされ、自分にできることはないかと考えさせられる。英国のニューカッスルに住むダニエル・ブレイクの身に起きた出来事は、遠い他人の物語とは思えなくなる。

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1631文字)

勝田友巳

勝田友巳

毎日新聞学芸部長

1965年、茨城県出身。北海道大文学部卒。90年毎日新聞に入社し、松本支局、長野支局などを経て、東京本社学芸部。映画を担当して15年、新作映画を追いかける一方、カンヌ、ベルリンなど国際映画祭や撮影現場を訪ね、映画人にも話を聞いて回る日々。毎日新聞紙面で「京都カツドウ屋60年 馬場正男と撮影所」「奇跡 軌跡 毎日映コン70年」の、2本の映画史ものを連載中。