くらし高齢化時代の相続税対策

「家族を争わせない遺言書」が最高の相続対策だ

広田龍介 / 税理士

 東京都港区にお住まいのTさん(81)は、奥様と娘さん2人の4人家族だ。夫婦と独身の長女の3人が自宅で暮らし、次女は、自宅近くのマンションで夫と子供2人と一緒に生活している。

 自宅がある場所は今でこそ高級住宅地だが、子供のころはうっそうとした雑木林が広がり、池や小川もあった。Tさんは学校の友だちとよく魚釣りをしたという。今は周辺に億ションがたくさん建っている。

 そのころ遊んだ友だちは、親の相続やマンション建設のための地上げで土地を離れ、世田谷区や文京区に引っ…

この記事は有料記事です。

残り1236文字(全文1467文字)

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。