スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

部下のやる気を引き出した言葉「フォア・マイセルフ」

細川義洋 / ITコンサルタント

 日本を代表する製造業大手の東芝が苦境に立たされています。家電や社会インフラ、半導体からコンピューターまで幅広い分野で世界をリードし、日本経済をけん引してきた企業の失速はとても心配なことです。

 こうした危機でなくても、長くサラリーマンをしていれば自社の苦境を経験することがあるでしょう。筆者がいた会社でも、管理職の賞与の一部が自社製品の購入券になったことがあります。当然、社員たちの元気はなくなり、やる気も下がりました。売り上げもさらに落ち込みます。まさに負のスパイラルです。こんなとき上司は、どうすればいいのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1800文字(全文2061文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。