社会・カルチャーベストセラーを歩く

音楽の美しさと奥深さを描く恩田陸「蜜蜂と遠雷」

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 芸術家や表現者を描いた小説がこのところ目立つ。歴史時代小説では絵師を描いた長編の出版が相次いでいるし、又吉直樹の芥川賞受賞作も、このカテゴリーに入るだろう。村上春樹の新作も、肖像画家を主人公にしていた。

 その理由として考えられるのは、彼らを登場させると、村上の言葉を借りれば、「魂」を扱いやすいということがある。魂という言葉があいまいなら、生きる意味とか、生きる喜びといいかえてもいい。

 逆にいうと政治(革命や政治活動)や立身出世(経済的成功も含めて)を題材にしても、なかなかそういう問…

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1739文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。