社会・カルチャーベストセラーを歩く

音楽の美しさと奥深さを描く恩田陸「蜜蜂と遠雷」

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 芸術家や表現者を描いた小説がこのところ目立つ。歴史時代小説では絵師を描いた長編の出版が相次いでいるし、又吉直樹の芥川賞受賞作も、このカテゴリーに入るだろう。村上春樹の新作も、肖像画家を主人公にしていた。

 その理由として考えられるのは、彼らを登場させると、村上の言葉を借りれば、「魂」を扱いやすいということがある。魂という言葉があいまいなら、生きる意味とか、生きる喜びといいかえてもいい。

 逆にいうと政治(革命や政治活動)や立身出世(経済的成功も含めて)を題材にしても、なかなかそういう問…

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1739文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
テロ事件の現場となった海岸沿いの遊歩道に供えられた花束(写真は筆者撮影)

テロの傷痕残る「ニース」国際観光地で知る社会の分断

 ◇モナコとニース編(3) 2017年5月。平和で賑やかなモナコ公国から、毎時2~3本あるフランス国鉄に乗って20分。ニースにやっ…

メディア万華鏡
批判を受けて撤去が決まった愛知県警の痴漢撲滅キャンペーン用ポスター=愛知県警提供

愛知「痴漢撲滅」ポスター撤去と安倍首相発言の道徳観

 あの人、逮捕されたらしいよーー愛知県警が痴漢撲滅を推進しようとして作製したポスターに対し、インターネットで「不適切だ」との書き込…

世界透視術
香港の繁華街で

香港「1国2制度」の風化と“天安門”を知らない世代

 6月4日、香港のビクトリア公園で「六四事件29周年」の追悼集会が開かれた。六四事件とは1989年、北京の天安門広場を占拠して民主…

職場のトラブルどう防ぐ?

塾講師アルバイトに「兼業禁止」の誓約書は有効か

 大学3年生のA太さん(21)は、この4月から個別指導塾の講師アルバイトを始めました。今後、就職活動や卒業論文の作成があり、短時間…

知ってトクするモバイルライフ
SIMフリースマホとして発売されるファーウェイの「P20」(右)と「P20ライト」(左)

「SIMフリースマホ」ファーウェイ追うモトローラ

 SIMフリースマートフォン市場が活況だ。同市場で約3割のトップシェアを持つファーウェイは6月11日、フラッグシップモデルの「P2…