マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

銀行がアパートローンで「紹介手数料」を稼ぐ“無法”

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 銀行など金融機関によるアパート・マンション建築ローンの過熱ぶりは本欄でも指摘してきた。しかし、いまだにその状況は収まりそうもない。それを象徴するような一部銀行の取り組みが銀行業界で問題になりつつある。

 アパート・マンション建設は、不動産所有者の間で相続税対策を目的として拡大している。多くのケースは、宅建業者が不動産所有者に賃貸事業を提案し、そこに銀行など金融機関が加わりローンを提供するというパターンである。

 建設を進めるため、宅建業者が空き室であっても家賃を保証するケースがある。金融庁は、こうしたパターン…

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1593文字)

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。