スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

部下の見えない努力を正しく導くのが上司の仕事

細川義洋 / ITコンサルタント

 女子フィギュアスケートの浅田真央さんが引退を表明しました。浅田さんのパフォーマンスに多くの国民が感動し続けたのは、華やかな舞台の裏で行われていた並々ならぬ努力を知っていたからでしょう。

 陰で努力するのは、社会で働く多くの人も同じはずです。ただ、残念なことに昨今の人事評価は、最終的に社員が出した結果に重点を置く「成果主義」が増えています。例えば、積極的に後輩に話しかけて相談に乗ったり、帰宅後に仕事に関する勉強をしたりしても、直接的な評価につながるケースはまれです。

 それでも、せめて自分の上司には、努力していることを知ってほしいし、評価してもらいたいと思うのが部下…

この記事は有料記事です。

残り1638文字(全文1922文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。