半導体メモリー製品を製造してきた東芝の四日市工場=2010年3月23日、井上章撮影
半導体メモリー製品を製造してきた東芝の四日市工場=2010年3月23日、井上章撮影

政治・経済東芝問題リポート

旧村上系ファンドは東芝乗っ取りを狙っているのか?

編集部

「旧村上系ファンド」の動き(2)

 東芝の株式を9.84%保有し、現時点では「筆頭株主」になっていると見られる「エフィッシモ・キャピタル・マネージメント」は、元村上ファンドの運用担当者が2006年に設立した投資ファンドだ。エフィッシモは、東芝が分社化した半導体メモリー事業が高値で売却され、株価が回復することを見込んで利ざや稼ぎを狙っていると見られている。

 ただし、いま東芝の株式を大量に買い集めることは、大きなリスクを抱えることでもある。最大のリスクは東…

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1616文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz