アルミを削り出して作ったボディーに「VAIO」のロゴ
アルミを削り出して作ったボディーに「VAIO」のロゴ

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

アンドロイド採用SIMフリーVAIOフォンの実力

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 拡大する格安スマホ市場を狙い、日本の中小メーカーもSIMフリースマートフォンを続々と投入している。ソニーに事業譲渡され、独立のパソコンメーカーとなったVAIOは、その1社。アンドロイドを搭載したSIMフリースマホの「VAIOフォンA」を発売した。

 VAIOフォンAは、アルミを削り出した質感の高いボディーを採用しており、2枚のSIMカードで同時に電話の着信を待ち受けできる機能にも対応したのが特徴だ。同社がパソコンで行う「安曇野フィニッシュ」と呼ばれる、検品体制も売りとなる。

 安曇野フィニッシュとは、VAIOの本社である長野県安曇野市の工場で、最終チェックを行うこと。本体の…

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1732文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。