スキル・キャリア江上剛の「働き方は孔子に聞こう!」

“不惑”40代が迷いやすいのは「選択肢が多い」から

江上剛 / 作家

Q 「四十にして惑わず」とはどういうことですか

A 「40歳は、人生の岐路に立って迷いやすい」という警鐘です

 孔子は15歳で学問の道を志し、30歳で自分の学問に自信を持ち、この道で行くと決意し、40歳であらゆることを判断する際にも迷いがなくなったという。「四十にして惑(まど)はず」だ。この孔子の言葉で40歳のことを「不惑」というようになったのだが、実際はどうなのだろうか。

 日本では42歳は男性の厄年だ。健康面や家庭面、社会生活面で、この辺りの年齢が最も負担が大きいからだ。若いころのように無理が利かなくなった。まだ子供が幼い。もっと働かねばならない。会社では責任ばかり重くなって、昇進も昇給も思い通りにならない。部下も自分についてきてくれない……。40代は、不惑どころか迷いの渦中にあると言っていいだろう。

40代は「迷いの年代」

 私は、かねてこの孔子の言葉には疑問を持っていた。三十にして立つことも、四十にして惑わないことも……。孔子だから、このように言えるのだが、孔子は言外に、お前たち凡人はこうはならないから、心しなさいと言っているように思うのだ。40代は、「不惑」ではなく「惑」すなわち迷いの年代だ。

 私も42歳の時、大きな人生の岐路に立った。勤務していた銀行で総会屋事件が発生したからだ。金融界が今まで経験したことがない未曽有の大スキャンダルだった。あの時、私は多くの決断をした。株主総会の公開、総務部の解体、委員会制の導入など新体制作りにも多くの決断をした。

 迷ったと思う。しかし方向を決めねばならなかった。決めるというのは「捨てる」ことだと思った。私自身の出世、評判、キャリアなどを全て捨ててかからねば、決断はできない。「不惑」とはそういうことだ。「惑」するのは、選択肢が多いからだ。

中国・蘇州の孔子廟孔子像
中国・蘇州の孔子廟孔子像

一つの道をひたすら歩いた孔子

 孔子は「吾が道は一(いつ)以(もっ)て之(これ)を貫く」と言う。孔子は、自分の道は一つだ。その道をひたすら歩いているのだと言うのだ。

 あなたは状況に応じていろいろな判断を下すだろう。ある時は、矛盾したように見えるかもしれない。部下があなたに向かって、言っていることが、やっていることが、この前と違うと批判するかもしれない。

 しかしあなたは「一以て之を貫」いているのだ。自分の信念、「誇り」かもしれないし、会社への「愛」、部下への「思いやり」かもしれない。いずれにしてもあなたは自分の一つの思いを信念として決断するのだ。それ以外のものを求めてはいけない。それが「不惑」ということだ。

 40代は、「惑」の年代だ。だからこそ「不惑」でなければならないという矛盾多き年代なのだ。

 <次回「「不本意な異動」は自分の可能性を探すチャンス」>

    ◇    ◇

 この連載は、江上剛さんの著書「働き方という病」(徳間書店)を、ウェブ向けに編集し直したものです。職場で多くの人が抱えている悩みを江上さんに問いかけ、どうしたらいいか答えてもらいます。江上さんは、古典「論語」の孔子の言葉を参考にしながらサラリーマンの生き方をアドバイスします。毎週月曜日の掲載です。

 江上さんの新作「クロカネの道 鉄道の父・井上勝」がPHP研究所から出版されました。長州藩出身で、明治政府で鉄道敷設に力を尽くし、「日本の鉄道の父」と呼ばれた井上勝を描きます。

経済プレミア最新記事へ

【第14回 「30代で自分の生き方を見極める」孔子もそうだった

【第13回 嫉妬心をコントロールする言葉「人を知らざるを患ふ」

【第12回 「曲がった木は長寿を全うする」古典に学ぶ人生の妙味

【第11回 あなたのリーダーは「己を行うて恥あり」な人ですか?

【第10回 能力ある人を登用する決め手「小過を赦し賢才を挙げる」

江上剛の「働き方は孔子に聞こう!」

江上剛

江上剛

作家

1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。77年旧第一勧銀(現みずほ銀行)に入行。97年、総会屋利益供与事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。在職中の2002年「非情銀行」で作家デビュー。03年にみずほ銀行を退行。近著に「働き方という病」など。テレビコメンテーターとしても活躍している。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…