アップルという企業を通して世界を見ると……
アップルという企業を通して世界を見ると……

政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

アップル時価総額83兆円 新iPhoneが世界を変える

エコノミスト編集部

 アップルの株価が好調だ。今秋に登場する新型iPhone(アイフォーン)が材料になっているが、スマートフォンを普及させ、世界経済にパラダイムシフトをもたらすインパクトが注目されている。週刊エコノミスト5月16日号の巻頭特集「アップル株と世界経済」よりダイジェストで報告する。

3年ぶり全面改良で部品発注が本格化

 「株価は150ドルを予想」(米ゴールドマン・サックス証券)「目標株価を161ドルに引き上げる」(米モルガン・スタンレー証券)--。

 米国の株式市場はアップル株の話題で持ち切りだ。年初の株価は110ドル台だったが、その後、じりじりと…

この記事は有料記事です。

残り1678文字(全文1948文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。