格安スマホにするときは注意も必要……
格安スマホにするときは注意も必要……

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

MVNOトラブル相談が前年比2.8倍急増の理由

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 ドコモやauなどの大手通信事業者から回線を借り、事業を行う格安スマホ(MVNO)は、料金の安さや、2年縛りなどがない自由度の高さが注目され、急激に利用者を増やしている。

 調査会社・MM総研によると、2015年3月末には326万契約だった市場規模が、16年9月末には657.5万へと拡大。1年半でほぼ倍増した格好だ。一方で、急成長ゆえのひずみも浮き彫りになりつつある。

 国民生活センターは4月13日、格安スマホに対する注意喚起を発表した。同センターに寄せられた相談件数…

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1663文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。