スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

部下を守るつもりで成長機会を奪う上司は“優しい悪魔”

細川義洋 / ITコンサルタント

 上司が、厳しい状況にある部下を守ろうとするのは当然の心理です。例えば、部下がミスをして顧客から怒られそうな時、若く経験の浅い部下を謝りに行かせるより、自分一人で頭を下げた方がいいと考えるのも、自然なことかもしれません。しかし、そうした「思いやり」が、部下からの信頼を失うこともあります。

守ったはずの部下から異動の申し出

 筆者がIT企業のプロジェクトマネジャーだった時、セキュリティーの弱いシステムを顧客に納品して、大トラブルを起こしたことがあります。重要な契約情報などのデータが外部から簡単に見えて、改ざんまでできる状態でした。当然、顧客は激怒しました。

 プロジェクトマネジャーとして、顧客を何度も訪れて謝罪し、原因の説明、対応策の相談をしましたが、実際…

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1624文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。