社会・カルチャー街の文化漂う 秘蔵の宿

三方海に囲まれた鹿児島薩摩半島の宿 笠沙恵比寿

稲葉なおと / 紀行作家、一級建築士

10260円(税込み)~

 じっくりと腰をすえて連泊したい宿だ。ロケーションも、施設も、料理も、そしてさまざまな体験プログラムも。

 鹿児島県薩摩半島・南西側突端の南さつま市笠沙(かささ)町片浦に建ち、三方を海に囲まれている。鹿児島市内や鹿児島空港から車で75分ほど。鹿児島中央駅や鹿児島空港からはバスでのアクセスも可能だ。

 喧騒(けんそう)に包まれた街から車を走らせ、やがて深い緑の合間に真っ青な海が見えてくると、それだけ…

この記事は有料記事です。

残り1531文字(全文1741文字)

稲葉なおと

稲葉なおと

紀行作家、一級建築士

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。400軒以上の名建築の宿を宿泊・取材。旅行記、小説、児童文学、写真集を発表している。現在も長編小説を雑誌「ダンスビュウ」に連載中。第10回JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。主な著書に「匠たちの名旅館」など。近著に「モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい」(小学館)。公式サイトでお勧めホテル、名建築の写真を多数公開中 http://www.naotoinaba.com (顔写真の撮影は寺崎誠三さん)