1987年6月に化学兵器が投下されたイラン北西部サルダシュト=2010年9月20日、鵜塚健撮影
1987年6月に化学兵器が投下されたイラン北西部サルダシュト=2010年9月20日、鵜塚健撮影

グローバルWorld Watch(ワールド・ウオッチ)

シリア攻撃でえぐられた“化学兵器被害国イラン”の古傷

会川 晴之 / 毎日新聞北米総局特派員

 シリアで猛毒の神経ガス「サリン」が使用され、市民80人以上が亡くなった。トランプ米政権は「攻撃はシリア政府軍によるもの」と断定、シリア空軍基地に巡航ミサイルを撃ち込み、国際政治の焦点となった。一般市民への化学兵器使用は、国際法違反。一刻も早い事態究明と、責任追及を求められるのは当然だ。

 1カ月以上も前の事件なので、おさらいをしておきたい。事件が起きたのは4月4日早朝。シリア北部にあるイドリブ県ハンシャイフンだった。毎日新聞の篠田航一カイロ特派員が電話取材した現地の救急隊員は「ものすごい音がして外に出た。道ばたで多くの人が倒れており、子供もいた。息をしている人も呼吸の様子が変だった。せき込んだ後、のどの辺りを触って、そして次々に倒れていった」と伝えた。米軍がシリアを攻撃したのはその2日後。59発の巡航ミサイルを撃ち込んだ。

 電撃的な攻撃は世界に衝撃を与えた。約4年前に「サリン」が使用された時、「化学兵器の使用はレッドライ…

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1671文字)

会川 晴之

会川 晴之

毎日新聞北米総局特派員

1959年東京都生まれ、北海道大学法学部卒、87年毎日新聞入社。東京本社経済部、政治部、ウィーン支局、欧州総局長(ロンドン)、北米総局長(ワシントン)などを経て、2018年12月から現職。日米政府が進めたモンゴルへの核廃棄計画の特報で、11年度のボーン・上田記念国際記者賞を受賞。日本発の核拡散を描いた毎日新聞連載の「核回廊を歩く 日本編」で、16年の科学ジャーナリスト賞を受賞。著書に「核に魅入られた国家 知られざる拡散の実態」(毎日新聞出版)。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ大陸側から欧州を見たジブラルタル海峡。対岸にジブラルタルの岩山が遠望できる(写真は筆者撮影)

「ジブラルタル海峡」欧州とアフリカが行き交った地

 ◇ジブラルタル海峡編(1) ナポレオンは「ピレネー山脈の南(スペイン)はアフリカだ」と言ったという。確かに山脈の南のイベリア半島…

メディア万華鏡
社会学者の上野千鶴子さん=東京・井の頭公園で2017年1月11日、中村藍撮影

上野千鶴子さん東大入学式スピーチの「#MeToo」

 日本版では女優の常盤貴子さんが主人公を演じ好評だった米国の大ヒットドラマ「グッド・ワイフ」のシーズン6を見ていたら、あまりにも分…

ニッポン金融ウラの裏

銀行主導デジタルマネーが「お祭り騒ぎ」で終わる懸念

 銀行業界でデジタルマネー導入の動きが続いている。みずほグループは独自のデジタルマネー「J-COIN」を3月からスタートし、三菱U…

知ってトクするモバイルライフ
交付された5G基地局開設の認定書を手に記念撮影に臨む携帯電話各社の社長ら=総務省で2019年4月10日、山下浩一撮影

2020年に始まる超高速「5G」は生活を一変させるか

 総務省は、携帯電話事業者4社に割り当てる5Gの周波数を決定した。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは、2020年…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「店長だから」と負担増“36歳子育て女性”の不信感

 2児を育てるA美さん(36)は、あるフラワーショップの店長です。当初はアルバイトでしたが、半年前に店長に指名されフルタイム勤務に…