くらしマンション・住宅最前線

“宅配再配達”問題で考えた昭和ニッポンの「出前文化」

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 宅配便の再配達問題に関して見直しが始まった。再配達の手間が配達スタッフの労働条件を悪化させている、何とかしなければ、という危機感からだ。

 昼間、留守にする家が増え、近所の人に荷物を託すことも難しくなったことが、配達の手間を増やす原因の一つだろう。このニュースに接し、同じような手間が原因で、日本から徐々に姿を消しつつあるサービスを思い出した。

この記事は有料記事です。

残り1980文字(全文2152文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。