東京・文京区の東京大学本郷キャンパス
東京・文京区の東京大学本郷キャンパス

くらしマンション・住宅最前線

定期的に新築物件が出る都心・文京区の特別事情

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 JR山手線内側エリアの新規分譲マンションが減っている。特に、中央・千代田・港の都心3区での新規物件減少が目立つ。用地不足が大きな原因だ。

 世界的大都市の中心部は値下がりしにくく、将来に向けて大きな資産になる。だから、オーナーは簡単には土地を売らない。中央・千代田・港の都心3区で、山手線内側の場所であればどこも交通が便利だし、人が集まる場所も多い。だから、まれに土地の売り物が出ると、オフィスビル、商業ビル、ホテルを建てようとする人たちが高い値段で入札するので、マンション用地としては買いにくい。

 その結果、山手線内側都心3区の新規分譲マンションが減り、まれに出る物件はとんでもなく高額になってし…

この記事は有料記事です。

残り1520文字(全文1819文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。