株主総会の会場に入る東芝の株主ら=千葉市美浜区の幕張メッセで2017年6月28日、佐々木順一撮影
株主総会の会場に入る東芝の株主ら=千葉市美浜区の幕張メッセで2017年6月28日、佐々木順一撮影

政治・経済東芝問題リポート

「ウエスタン・デジタルと全面対決」東芝に勝算はあるか

編集部

 東芝が定時株主総会を予定していた6月28日の午前9時半。総会開会のたった30分前に、東芝は1枚のプレスリリースを公表した。「東芝メモリ株式会社の株式譲渡契約の交渉状況に関するお知らせ」との題名だ。

 東芝は、半導体メモリー事業を分社化した東芝メモリを、産業革新機構などを中心とするコンソーシアム、いわゆる「日米韓連合」への売却を内定している。株主総会の前に最終的な合意を目指していたが、間に合わなかったという内容だ。

 リリースには、「コンソーシアム内の複数の当事者による調整等に時間を要しており、現時点で合意に達して…

この記事は有料記事です。

残り1382文字(全文1640文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz