くらし育児サバイバル

女性の両立を邪魔するオジサン社会とワンオペ育児

藤田結子 / 明治大商学部教授

「ワンオペ育児」著者・藤田結子さんインタビュー(1)

 連載「育児サバイバル」を加筆・修正した単行本「ワンオペ育児~わかってほしい休めない日常」(毎日新聞出版、1404円)が発売されました。著者で明治大商学部教授の藤田結子さんに、仕事と家事・育児に追われる女性の奮闘と、なぜワンオペ育児が発生するのか、その根深い構造について聞きました。藤田さん自身も、4歳児の母としてハードなワンオペ育児を経験しています。【経済プレミア編集部・戸嶋誠司】

 --子育てのワン・オペレーションを指す「ワンオペ育児」が、すっかり時代の言葉になりました。それにつ…

この記事は有料記事です。

残り2707文字(全文2975文字)

藤田結子

藤田結子

明治大商学部教授

東京都生まれ。慶応義塾大を卒業後、大学院留学のためアメリカとイギリスに約10年間滞在。06年に英ロンドン大学で博士号を取得。11年から明治大学商学部准教授、16年10月から現職。専門は社会学。参与観察やインタビューを行う「エスノグラフィー」という手法で、日本や海外の文化、メディア、若者、消費、ジェンダー分野のフィールド調査をしている。4歳の男の子を子育て中。