部下を伸ばす上司 ダメにする上司

「自分らしい仕事をしたい」新人を諭した上司の仕事論

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 先日、社会人になったばかりの知人女性が「自分の仕事には成果物がなく、評価されにくい」とこぼしていました。同期入社の同僚たちがさまざまなモノや文書、企画を作っているのに、「私はよくわからない会議に同席したり、業者の相手をしたりするばかりで形に残る仕事をしていない」と、不安げに言うのです。

「エンジニアらしい仕事を」上司に訴えた新人女性

 この話を聞いて、筆者が新入社員のころに同期の女性が悩んでいたことを思い出しました。筆者は当時、顧客向けプログラム作りに携わっていました。思い通りのものを手がけて顧客に便利に使ってもらうのは、快感でした。

 一方、システムエンジニアとして入社した彼女は、プログラミング業務を任せられていませんでした。会議の…

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文1753文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。