くらし崩壊家族 日本の現場

「ひきこもり10年」30代娘に親はどう対応してきたか

押川剛 / (株)トキワ精神保健事務所所長

 国内の精神疾患患者数は392万人(2014年、厚生労働省障害保健福祉部作成の資料より)を超え、30人に1人が通院や入院をしているといわれます。精神疾患はもはや身近な病気です。一方、病気の自覚がない人や、症状が慢性化した人ほど、医療につながりにくい現実があり、家族も苦しんでいます。危機的な家庭からのSOSを受け、本人を説得して医療機関に移送するスペシャリスト、押川剛さんとともに、家庭内や地域でどのように対処すればよいかを探ります。

この記事は有料記事です。

残り2812文字(全文3029文字)

押川剛

押川剛

(株)トキワ精神保健事務所所長

1968年北九州市生まれ。専修大学中退。92年、神奈川県でトキワ警備=現・(株)トキワ精神保健事務所(東京都新宿区)=を創業。96年から精神障害者移送サービスに業務を集中。強制拘束ではない、対話と説得で患者を医療につなげるスタイルを確立し、1000人超の患者を移送してきた。移送後も面会などを通じて自立・就労支援に携わり、その様子はドキュメンタリーとして多数放映された。ジャーナリスト・ノンフィクション作家としても活動。「『子供を殺してください』という親たち」「子供の死を祈る親たち」(新潮社)などの著書がある。現在、月刊コミック@バンチ(新潮社)で原作のノンフィクション漫画を連載中。