政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

驚異の「ゲノム編集」技術で市場は2025年に1兆円

エコノミスト編集部

 生物の設計図といえる遺伝情報「ゲノム」を狙った部分だけ切り貼りして改変する--。ノーベル賞有力候補といわれるゲノム編集の新技術が開発され、医療はじめ各業界が巨額のマネーを投じ始めた。週刊エコノミスト7月25日号の特集「病は遺伝子で治す」よりダイジェストでお届けする。

病気を「遺伝子から治す」

 世界最大の石油メジャー、エクソンモービルと米バイオベンチャーのシンセティック・ゲノミクスは6月、藻類が作る油分の量を20%から40%に倍増させる方法を発見したと公表した。藻類が作るバイオ燃料を化石燃料に代わる新たなエネルギーにするための共同研究の一環で、藻類の遺伝子を改変したという。それを可能にしたのが「ゲノム編集」と呼ばれる技術だ。

 「ゲノム」とは、生物の細胞核の中のDNA(デオキシリボ核酸)に含まれる、生物を形作る遺伝情報のすべ…

この記事は有料記事です。

残り1836文字(全文2201文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
国道4号沿いのサービスエリア「Alzu」はサイ、カバ、インパラなどが放し飼いにされている人気スポット(写真は筆者撮影)

ヨハネスブルク「絶対に歩いてはいけない」地区を縦断

 ◇南アフリカ編(7) レソト王国入国に失敗したにもかかわらず、懲りもせず今度は、エスワティニ(旧スワジランド)の国境近くまで走っ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…

知ってトクするモバイルライフ
第2弾の100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長=東京都千代田区で、今村茜撮影

ペイペイ再び「100億円キャンペーン」は小粒に還元

 ソフトバンクとヤフーが合弁で設立したQRコード決済事業者のペイペイが、総額100億円キャンペーンの第2弾を2月12日から始める。…

ニッポン金融ウラの裏
 

変革の時代に「動かない」言い訳を探す銀行の勘違い

 銀行が変革の時代を迎えていることはいまさら言うまでもない。しかし、そのような言葉がマスコミをにぎわしている割には、銀行業界で実際…