マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

超低金利時代に最高14%!銀行カードローンの暴利

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 銀行のカードローン拡大に批判が強まっている。過剰融資を懸念する声や、消費者金融並みの高金利である一方、貸金業法で定められた融資額の制限が銀行には適用されず、多重債務対策の抜け穴になりかねないためだ。

 全国銀行協会の平野信行会長(三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)はこうした批判に対して、「資金ニーズのあるお客様に、返済能力のある範囲内でしっかりと応えていくことを通じて健全な消費者金融市場を育成する」と反論する。だが、銀行は、カードローン利用者を“大切な顧客”として扱っているのかどうか。銀行はそこから問われている。

 銀行が取り扱っているカードローンは通常、年率3~14%程度の金利設定となっている。住宅ローンや企業…

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1499文字)

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
iPhone XS、XSマックスと同じく9月21日に発売されたアップルウオッチ「シリーズ4」

アップルウオッチ4「大画面で薄く進化」緊急通報も

 アップルウオッチの4世代目となる「シリーズ4」が9月21日、iPhone XS、XSマックスと同時に発売された。「シリーズ3」か…

職場のトラブルどう防ぐ?

パートの休憩問題で「労基署から指導」管理部長の窮地

 A雄さん(48)は、従業員数約230人の食品スーパーの管理部長です。ある店舗のパート従業員の休憩時間について労働基準監督署から是…

ニッポン金融ウラの裏
東京証券取引所=2015年5月8日、関口純撮影

日本の取引所の国際競争力が高まらないウラ事情

 わが国の資本市場をめぐっては解決が先送りされたままに置かれている課題が少なくない。そのひとつが証券取引所の「国際競争力」である。…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
バルパライソ港を見下ろす丘の一つで、画家が絵を売っていた(写真は筆者撮影)

世界遺産バルパライソ 斜面に広がる明るい港町に感激

 ◇チリ・サンティアゴとバルパライソ編(3) 高校時代だっただろうか。何かの本で写真を見てから、いつか行きたいと思っていた。真っ青…

メディア万華鏡
韓国旅客船セウォル号の沈没事故を報じる2014年4月17日付の毎日新聞東京朝刊

日本で「モリカケ映画」は? 米韓映画人が見せる底力

 「世の中が変わった時に真実が明かせるようにこの映画を作りました」。304人の死者・行方不明者を出した2014年の韓国旅客船セウォ…