「にんにく入りロースカツ」(980円税別、以下同)。とんかつ店からスタートしたお店ならではの、こだわりの一品
「にんにく入りロースカツ」(980円税別、以下同)。とんかつ店からスタートしたお店ならではの、こだわりの一品

くらしこの酒場この一品

とんかつも串揚げも刺し身もうまい絶品!居酒屋

印束義則 / ライター

さいたま市北区「串揚げ・居酒屋 光助」

 昼は食事客、夜は飲酒客を取り込んで営業する「二毛作タイプ」のお店で飲む酒には、居酒屋で飲むのとはひと味違った独特の味わいがある。昼は定食の主菜だった料理が、夜は酒のつまみとなり、さらに脇を固めるちょっとしたつまみも加わる。そんな、専門店の品ぞろえのメニューで飲む酒は格別だ。

 さいたま・宮原の「串揚げ・居酒屋 光助」(埼玉県さいたま市北区宮原町、JR高崎線宮原駅徒歩1分)は…

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1605文字)

印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…