くらし高齢化時代の相続税対策

長生きが幸せとは限らない92歳会長の寂しい晩年

広田龍介 / 税理士

 東京都大田区のIさん(92)が先ごろ亡くなった。2年前に奥さんを亡くし、長女と次女と暮らしていた。他に長男がいる。

 長女、次女は以前、それぞれ結婚して実家を出たが、どちらも夫婦仲がうまくいかず、数年後に離婚して実家に戻ってきた。2人とも子供はいない。長男は、Iさんが創業した会社を継ぎ、社長になった。Iさんは会長として働いていた。

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1557文字)

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。