ウェスチングハウスが建設を進めていたボーグル原発=2016年5月、清水憲司撮影
ウェスチングハウスが建設を進めていたボーグル原発=2016年5月、清水憲司撮影

政治・経済東芝問題リポート

東芝専務が明かした米原発工事現場「作業員の腕組み」

編集部

1カ月半遅れの有価証券報告書(4)

 東芝の子会社だった米ウェスチングハウス(WH)が、なぜ米国内の4基の原発建設で巨額損失を出したか、いまだにナゾが残されている。とくに、ウェスチングハウスが2015年10月に原発建設工事を担当していたS&W社の買収を決めた経緯について、これまで東芝から納得のいく説明はされてこなかった。

 8月10日の記者会見で、東芝の平田政善専務は、買収当時の状況について少し詳しく説明をした。「(S&…

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文1752文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz