閉店セールを終え、店内から最後のあいさつをする店員ら=そごう大阪店で2000年12月、金子裕次郎撮影
閉店セールを終え、店内から最後のあいさつをする店員ら=そごう大阪店で2000年12月、金子裕次郎撮影

スキル・キャリア思いを伝える技術

ものごとの終わりに心情を伝える「締めくくりの言葉」

川井龍介 / ジャーナリスト

 半年ほど前、自宅近くにあるスーパーマーケットが突然閉店しました。地元のチェーンストアの一店舗で、各店舗とも一斉に店を閉じたようでした。

 店は、シャッターが下り、入り口のドアに小さな紙が張られていました。「告知書」と題し、「債権者・取引先・関係先 各位」へ向けられた文書は、このスーパーが破産したことを示していました。

 「○○は、債権者各位に対して、現在相当額の債務を負担しており、事業の継続が不可能となりました。そこ…

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1683文字)

川井龍介

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。