スキル・キャリアミスを見逃さない校閲の技術

世に存在する「同音異義語」の多さが校閲記者を悩ます

毎日新聞校閲グループ

 毎日新聞の校閲記者たちが、プロの技と正しい文章への思いを本にしました。「校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術」(毎日新聞出版)です。この本の一部を、ウェブ用に編集した連載「ミスを見逃さない校閲の技術」の第2回は、「同音異義語」の落とし穴です。

同音異義語の多い日本語

 「何に驚いたかと言えば、世の中に存在する同音異義語の多さに驚きました」

 校閲の仕事を始めて当時1年半の記者の言葉です。「キシャがキシャでキシャした(記者が汽車で帰社した)…

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1691文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

毎日新聞校閲グループ

毎日新聞校閲グループ

毎日新聞は東京に40人余り、大阪に30人余りの校閲記者がいる。原則として広告などを除く全紙面について記事のチェックをしており、いわば新聞の「品質管理部門」。書籍などと比べてかなり短時間で仕事をこなさなければならないのがつらいところ。朝刊の校閲作業は深夜になるため生活は「夜型」である。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ最南端・アグラス岬に向かうオバーバーグ地方には、羊の牧場に菜の花畑が織り交ざる、美しい丘陵地が広がっていた(写真は筆者撮影)

ケープタウンからアフリカ最南端アグラスへ車を駆る

 ◇南アフリカ編(3) 聞いていたレベルまでの治安の悪さは感じなかったケープタウンのダウンタウンで、5日間の契約でレンタカーを借り…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「自分勝手に勤務?」ママパートに困惑する歯科経営者

 A夫さん(42)は、自分のクリニックを経営する歯科医師です。パートの歯科衛生士で3児の母であるB子さん(33)の“自分勝手な勤務…

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

知ってトクするモバイルライフ
ディスプレーを折りたためる「フレックスパイ」

5Gに向け新作スマホ「二つ折り画面」は普及するか

 米ラスベガスで1月8~11日、世界最大の家電・IT見本市「CES」が開かれた。 パソコン、テレビから人工知能(AI)を採用した白…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…