くらしマンション・住宅最前線

売れ行き好調「定期借地権マンション」購入者の思考法

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 定期借地権付きマンションのなかでも、借地期間が長い60年定借、70年定借であれば、安心感が大きい。しかし、定期借地権付きマンションはなじみが薄い分、「買うべきか、スルーすべきか」で迷う人が多い。

 定期借地権について勉強しても、住宅ローンが組みにくいのではないか、中古として売れないのではないか、最後に解体費用を負担しなければならないのではないか……解決できない疑問も浮かぶ。

 迷ったあげく、知り合いの金融関係者に相談したところ、「よく分からないけど、やめたほうがいいんじゃな…

この記事は有料記事です。

残り2758文字(全文2996文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。