マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

限度額を増やして客を“ローン漬け”銀行の「自己チュー」

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 カードローンによる過剰貸し付けが懸念されているなかで、金融庁がその実態把握のために銀行への立ち入り検査に踏み切ることがすでに報じられている。9月中には着手される雲行きである。その背景にあるのは、社会的批判に対する銀行業界の感度が必ずしも敏感ではないことへの金融庁のいらだちと言える。

 銀行によるカードローン問題が注目され始めたのは、昨年、自己破産件数が13年ぶりに増加に転じたことが契機になっている、その間、カードローン残高は伸び続けていたため、自己破産の増加にカードローンの拡大が影響しているという見方が強まった。

 これに対して、銀行業界は「広告の自粛」などの業界申し合わせを行ったものの、その効果は疑問符がつき続…

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1482文字)

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「定時帰りは無理!?」26歳女性“固定残業代”への疑問

 A子さん(26)は、3カ月前に今の会社に転職しました。職種は営業アシスタントです。転職以降、定時に上がれる日がほとんどありません…

知ってトクするモバイルライフ
プライバシー重視の方針を打ち出すアップル。開発者向け会議でもプライバシーに関してはたびたび言及される(写真は2018年6月のアップルの年次開発会議<WWDC>)

アップルが「GAFA」一括りにされるのを嫌がる理由

 総務省は、電気通信事業法の「通信の秘密」の規定を、巨大なプラットフォームを持つ海外のIT企業にも域外適用する方向で検討を進めてい…

ニッポン金融ウラの裏
 

キャッシュレス化20%「日本は遅れてる」はホント?

 「デジタルマネー」が引き続きホットな話題となっている。政府が推進するキャッシュレス化社会の流れに沿った議論だ。だが、さまざまな官…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街でのイベントにいた着ぐるみ。ちょっと不気味なところがロシア的?(写真は筆者撮影)

サハリン「ユジノサハリンスク」旧樺太の地の今は

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(1) ロシア・サハリン州の、州都ユジノサハリンスク(日本語にすれば「南サハリン市」)。成田空港か…

メディア万華鏡
 

「準強制性交」の罪名に感じる司法の“男性バイアス”

 「薬飲ませ女性暴行の疑い 昭和大の医師2人、容疑否認」「田畑毅議員が辞職願 衆院に提出 女性とトラブル」「新井浩文被告 500万…