週刊エコノミスト・トップストーリー

日銀量的緩和の「物理的限界」が資産バブル崩壊を招く

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
日銀の政策に限界が見えてきた…(黒田東彦・日銀総裁)
日銀の政策に限界が見えてきた…(黒田東彦・日銀総裁)

 日銀が異次元金融緩和で長期国債の大量買い入れを始めてから4年半を迎える。だがインフレ目標2%は遠い。日銀の政策も限界が近づいた。週刊エコノミスト9月19日号の巻頭特集「異次元緩和の賞味期限」よりダイジェストでお届けする。

見えない緩和縮小が始まっている

 日銀は7月20日、物価目標2%達成時期を2019年度中に延期した。13年4月に年間80兆円の国債買い入れを柱とした異次元緩和を始め、黒田東彦総裁が「2年で2%達成」を掲げて以来、延期は6回目。18年4月に任期満了を迎える黒田総裁は再任されない限り、任期中の2%達成は不可能となった。

 量的緩和で日銀が買い入れた国債は日本の国内総生産(GDP)に迫る約435兆円(8月末時点)にのぼる…

この記事は有料記事です。

残り1914文字(全文2232文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。