杏里「オリビアを聴きながら」/フォーライフ ミュージックエンタテイメント/7K-151
杏里「オリビアを聴きながら」/フォーライフ ミュージックエンタテイメント/7K-151

社会・カルチャー切ない歌を探して

離れゆく2人を切なく歌う杏里「オリビアを聴きながら」

森村潘 / ジャーナリスト

 たいていのことには、始まりがあれば終わりもある。始まりに比べれば終わりの方が、寂しかったり切なかったりする。だから、終わりは、切ない歌のテーマになるものだ。

 人生の終わりという、はかない歌もあるが、もっとも多いのは男女の関係の終わり、恋愛の終わりだろう。

 こういうことは、古来、偉人、文人によってあれこれ考察されている。手元にあった古い名言集のなかに、こんな言葉があった。

 「恋はその始りがいつも美しすぎる。結末がけっしてよくないのも無理からぬことだ」

この記事は有料記事です。

残り1643文字(全文1870文字)

森村潘

森村潘

ジャーナリスト

大手新聞、雑誌編集などを経てコミュニティー紙の編集などに携わる。ジャンルを超えて音楽を研究、アメリカ文化にも詳しい。