習近平国家主席(香港国際空港で=福岡静哉撮影)
習近平国家主席(香港国際空港で=福岡静哉撮影)

政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

中国経済にほころび それでも習近平は毛沢東に並ぶか

エコノミスト編集部

 5年に1度の中国共産党大会が10月18日に開幕する。世界経済や国際政治で年々、存在感を高める中国の動向から日本も無縁ではいられない。週刊エコノミスト10月17日号巻頭特集「まるわかり中国」よりダイジェストでお届けする。

格差は「危機ライン」まで広がる

 今回の党大会は、前回2012年の党大会で最高指導者となった習近平総書記(国家主席)の2期目のスタート。1期目の5年間で高めた習氏の絶大な権威が、党規約の改正や人事などの形でどのように反映されるのかが大きな焦点だ。

 00年代後半にかけて続いた中国経済の2ケタ成長が終焉(しゅうえん)するタイミングでトップに立った習…

この記事は有料記事です。

残り1966文字(全文2248文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
手のひらにしっかり収まる「アクオスR2コンパクト」。発売は1月

日本人の好みに応えたシャープ・アクオス小型スマホ

 シャープが、小型スマホの「アクオスR2コンパクト」を開発。ソフトバンクから2019年1月に発売されるほか、SIMフリーモデルとし…

ニッポン金融ウラの裏

NISAに最初の「5年満期」更新しないと非課税消滅

 少額投資非課税制度(NISA)が初めての期間満了を迎える。一定の手続きによって、さらに5年間の非課税期間延長となるが、いま、証券…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…