思い邪なし

思い邪なし7 新発見の手紙(四)

北康利 / 作家

序章 はじめにまず“思い”ありき

新発見の手紙(四)

 それから上京后一万五千円貯金をしました。会社からは后の分は借りませんでした。借りた金は三万円だけです。

 家の方はどんな具合ですか。送金しておりませんから苦しからうと思ひますが、今度十五日に三~四千円送金したいと思っています。

 結婚式の費用は全く簡單(かんたん)にしたいと考へています。お父さんお母さんの上京の金が出せませんかもしれません。

 その時は借りてでもして来て下さい。なんとか出す様に工夫してみますが、結婚の件に関しては后日詳細にお…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1174文字)

北康利

北康利

作家

1960年生まれ。東大法学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを経て、2008年みずほ証券を退職し、本格的に作家活動に入る。著書に「白洲次郎 占領を背負った男」、「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」など。