スキル・キャリア職場のトラブルどう防ぐ?

「会社負担でTOEIC受験」勉強時間は労働時間?

井寄奈美 / 特定社会保険労務士

 A太さん(28)はある会社の管理部門に勤める社員です。同社では35歳以下の若手社員全員に英語能力テスト「TOEIC」の受験が実質的に義務づけられています。ただA太さんの部署では英語を使う機会はほとんどないため、A太さんは不満に思っていました。

 同社には外国人とやりとりする部署が一部あるため、所属部署で実際に英語が必要かどうか関係なく、若手社員全員が受験することになっています。受験費用は会社負担で、テストの結果は昇級査定に加味されます。

 またテストの結果は、部署ごとの平均点が社内で公開されます。管理職の査定項目にもそれぞれの部署の平均…

この記事は有料記事です。

残り1328文字(全文1598文字)

井寄奈美

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/