スキル・キャリアキャリアを築くヒント

他人の仕事をうらやむ新入社員に伝えたい三つのこと

細川義洋 / ITコンサルタント

 先日、この春に就職した大学の後輩たちと話す機会がありました。その中の一人に、同窓生たちの仕事の話をうらやましそうに聞く男性がいました。その男性は、自社の情報システムが無事に動いていることを監視するIT運用が主な仕事です。

 もちろん、システムがつつがなく動くこと自体が大きな価値です。しかし「無事に動くのが当然」と思われ、価値として認められにくいのが現実です。同窓生たちが営業として努力したり、技術者としてのスキルを磨いたりする中、その男性は、自分は本当にこのままで良いのかという焦りにも似た感情を持っていたようです。

 私自身もそうした経験がありますが、やる気を保つのが難しい仕事です。ITシステムが問題なく動く限りは…

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1698文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。