スキル・キャリア孔子は働く人の水先案内人

「こうすれば成功間違いなし!」論語の五つのことば

羽深成樹 / 前内閣府審議官

 仕事をする上で役に立つ論語のことばが五つある。

 一つ目は、「遠き慮り無ければ、必ず近き憂いあり」。遠くまで見通す配慮がなければ、必ず身近な心配事が起きる、という意味である。仕事に取り掛かる時は、まず、将来の見通しや関係者の動きなど、案件の全体像を把握する。その上で、どんな方向に持っていくべきか、そのためにはどんな段取りが必要かをバックキャスティングしていく。

 そのような配慮なく、思い付きや上司の顔色だけで決めると判断を誤ることになる。最近でいえば、トランプ…

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1596文字)

羽深成樹

羽深成樹

前内閣府審議官

1958年千葉県生まれ。81年東大法学部卒、大蔵省(現財務省)に入省。大蔵省主計局主査、防衛省大臣官房審議官、首相秘書官、財務省主計局次長、内閣府政策統括官などを経て、内閣府審議官。2017年7月退任。著書に「論語と『やせ我慢』」(PHP研究所)。