社会・カルチャー戦国武将の危機管理

「家康暗殺計画の黒幕」と疑われた前田利長の“選択”

小和田哲男 / 静岡大学名誉教授

 豊臣秀吉が亡くなった翌年の慶長4(1599)年閏3月3日、五大老の一人だった前田利家が没し、五大老の地位はそのまま子の利長が引きついでいる。しかし、年齢といい、キャリアといい、利家と利長では開きがあり、このあと五大老筆頭の徳川家康の独走を許す結果となる。家康も利家には一目置いていたが、利長に遠慮する必要はなかったのである。

 その年夏、五大老だった上杉景勝と利長は大坂・伏見を離れ、それぞれの領国にもどっていたが、9月9日の…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1271文字)

小和田哲男

小和田哲男

静岡大学名誉教授

戦国大名・今川氏のお膝元で、徳川家康の隠居先でもあった静岡市で1944年に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。戦国時代史研究の第一人者として知られ、歴史番組でおなじみの顔。趣味は「城めぐり」で、公益財団法人「日本城郭協会」の理事長も務める。主な著書に「戦国の群像」(2009年、学研新書)、「黒田官兵衛 智謀の戦国軍師」(13年、平凡社新書)。公式サイト https://office-owada.com

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
 

ドコモ、au、ソフトバンク「春の学割」おトク度比較

 携帯電話市場は、2月から3月にかけての「春商戦」が最大の商戦期だ。4月に中学、高校、大学などに入学する学生や、就職を控えた新社会…

ニッポン金融ウラの裏
藤原弘治・全国銀行協会会長=小原擁撮影

全銀協会長の「貧困問題に取り組む」発言の注目度

 子どもの貧困に象徴される格差問題に対する取り組みの機運が、銀行業界に芽生え始めている。格差拡大という深刻な社会構造のなかでの銀行…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ベルリンの壁を外国人が徒歩で越えられる関門だったチェックポイントチャーリーの跡。筆者も28年前に通過した(写真は筆者撮影)

東西ベルリンの追憶「チェックポイントチャーリー」

 ◇ドイツ・ベルリン編(3) 「テロのトポグラフィー」(ナチスの恐怖政治のエスカレーションを記録した博物館)の展示に、地に沈み込ん…

メディア万華鏡
53歳の誕生日を前に記者会見をされる秋篠宮さまと紀子さま=東京都港区の秋篠宮邸で2018年11月22日、代表撮影

秋篠宮さま発言「聞く耳持たなかった」宮内庁の失態

 秋篠宮さまの53歳の誕生日を前にした記者会見。報道は見事に分かれた。11月30日の各紙朝刊は「大嘗祭(だいじょうさい)は宗教色が…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「有休取らない社員」年5日取得義務化でどう変わる

 A夫さん(46)は、社員数約50人のソフトウエア開発会社の経営者です。3年ほど前から社員の働き方を見直したり、年次有給休暇の取得…