経済産業省にデータ不正問題について報告後、記者会見の冒頭で頭を下げる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=2017年10月12日、竹内紀臣撮影
経済産業省にデータ不正問題について報告後、記者会見の冒頭で頭を下げる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=2017年10月12日、竹内紀臣撮影

政治・経済神鋼データ不正の裏側

不正発覚の神戸製鋼を直撃する「売上高減少、損害請求」

編集部

神戸製鋼・製品検査データ不正(2)

 アルミ・銅製品などの検査データに不正が見つかった神戸製鋼所は、鉄鋼では新日鉄住金、JFEスチールに次ぎ国内3位、アルミではUACJ(旧古河スカイ)に次ぎ、国内2位の大手メーカーだ。ただ、主力の鉄鋼事業の不振で神戸製鋼は2017年3月期まで2年連続赤字決算だった。18年3月期は3年ぶりの黒字決算を見込んでいたが、目算が大きく狂うのは確実だ。

 神戸製鋼の17年3月期の連結売上高は1兆6958億円、最終(当期)損益は230億円の赤字だった。主…

この記事は有料記事です。

残り1309文字(全文1547文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz