オリンピックに向け選手村の建設が進む東京・晴海地区=2017年8月7日、関谷俊介撮影
オリンピックに向け選手村の建設が進む東京・晴海地区=2017年8月7日、関谷俊介撮影

マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

五輪前に「アングラ資金排除」が一段と強化される理由

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 テロ組織の資金源根絶に向けた国際的な政府間組織による対日審査が2018年春から始まる。一般的にはあまり知られていない話だが、金融業界では審査に対応する動きが早くも広がっている。今後、金融機関では資金送金といった分野で、送金先などのチェックが強化される見通しだ。

 対日審査を行う組織は、「金融活動作業部会」(Financial Action Task Force、略称・FATF)だ。1989年の仏アルシュ・サミット(主要国首脳会議)経済宣言に基づいて設立された。テロ資金のマネーロンダリング(マネロン=資金洗浄)の国際基準を作るための組織で、35カ国・地域と二つの地域機関が加盟している。加盟国のマネロン、テロ資金対策をチェックする相互審査を行っており、日本は、すでに3回の相互審査を受けている。

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1592文字)

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
国道4号沿いのサービスエリア「Alzu」はサイ、カバ、インパラなどが放し飼いにされている人気スポット(写真は筆者撮影)

ヨハネスブルク「絶対に歩いてはいけない」地区を縦断

 ◇南アフリカ編(7) レソト王国入国に失敗したにもかかわらず、懲りもせず今度は、エスワティニ(旧スワジランド)の国境近くまで走っ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…

知ってトクするモバイルライフ
第2弾の100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長=東京都千代田区で、今村茜撮影

ペイペイ再び「100億円キャンペーン」は小粒に還元

 ソフトバンクとヤフーが合弁で設立したQRコード決済事業者のペイペイが、総額100億円キャンペーンの第2弾を2月12日から始める。…

ニッポン金融ウラの裏
 

変革の時代に「動かない」言い訳を探す銀行の勘違い

 銀行が変革の時代を迎えていることはいまさら言うまでもない。しかし、そのような言葉がマスコミをにぎわしている割には、銀行業界で実際…