持ち物検査などを受けながら臨時株主総会の会場に向かう東芝の株主=2017年10月24日、小川昌宏撮影
持ち物検査などを受けながら臨時株主総会の会場に向かう東芝の株主=2017年10月24日、小川昌宏撮影

政治・経済東芝問題リポート

“閑散東芝株主総会”焼き鳥弁当が復活する日はあるか

編集部

今年3回目の株主総会(1)

 東芝の臨時株主総会が10月24日、千葉市美浜区の幕張メッセのイベントホールで開かれた。東芝の株主総会は今年3回目だ。企業が年に3回も株主総会を開くのは過去に例はあるものの、極めて異例だ。その株主総会の模様を複数回に分けて報告する。

 株主総会の開催は、企業にとっては大仕事だ。会場の選定から始まって、想定問答の準備、事前のリハーサル、それに招集通知発送などの実務。企業の総会担当者にとっては年に1回の定時株主総会は当然として、臨時株主総会などやめられるものならやめてほしいというのが本音だ。

 東芝は不正会計が発覚した2015年に、6月の定時総会に加え9月にも臨時株主総会を開いた。翌16年は…

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1646文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz